Header-farmlandgrab-en3
Icon-globe   Icon-fb   Icon-twitter   Icon-rss  
Home About events Gallery Publish
Subscribe
Help
日本語 Rss
26 May 2015
共同プレスリリース カトリック・ナンプーラ大司教区正義平和委員会並びに ADECRU 「プロサバンナ事業のマスタープランの公聴会」の即時停止と無効化の要求 (邦訳)
共同プレスリリース カトリック・ナンプーラ大司教区正義平和委員会並びにADECRU 「プロサバンナ事業のマスタープランの公聴会」の即時停止と無効化の要求
19 Apr 2015
プロサバンナ・マスタープラン緊急声明
プ ロサバンナ事業でのマスタープラン初稿の開示と対話プロセスに関する抗議と要請
19 Apr 2015
プロサバンナ・マスタープラン緊急声明
プ ロサバンナ事業でのマスタープラン初稿の開示と対話プロセスに関する抗議と要請
12 Dec 2014
モザンビーク市民社会から農業大臣宛の請願書(抄訳)
prosavana, mozambique, JICA
24 Oct 2014Verdade
AgroMoz社の土地収奪現地報道記事(全訳)
モザンビーク現地新聞Verdade紙 2014年10月24日記事(仮訳) 「リオマ郡で何百人もの農民ら土地を追われる」
25 Jul 2014????????DW??????????????
【仮訳】「モザンビーク市民社会はプロサバンナの操業停止を希望する」
モザンビークでは、プロサバンナ事業に関する懸念が、情報の不足により深刻化している。市民社会は、現場で実施される各種モデルが明確になるまで、このイニシアティブの操業停止を求めた。
25 Jul 2014
プロサバンナにノー!キャンペーンが起ちあがった背景分析
本参考資料は、「NGO・外務省定期協議会 2014 年度第1 回ODA 政策協議会 (2014 年7 月25 日開催)」の報告事項(プロサバンナに関する件)に向けて作成され、発表されたものである。
02 Jun 2014UNAC
プレスリリース(2014年6月2日) 「プロサバンナにノー! 全国キャンペーン」 【日本語訳】
2013年5月、20以上の市民社会組織、社会運動、小農組織、環境および宗教組織、並びにナカラ開発回廊の家族・コミュニティは、モザンビークおよびブラジルの大統領と日本の首相宛の「プロサバンナ事業の緊急停止と再考を求める公開書簡」に署名し、提出した。
17 Apr 2014
モザンビークの現状に関する国際声明
本声明の署名団体は、現在のモザンビークの農村部で起きている大規模な人々の強制退去と拡大する暴力について懸念を表明し、モザンビーク小農の権利を尊重し擁護するよう、モザンビーク政府と国際社会に対し要求します。
31 Mar 2014
「ProSAVANA市民社会報告2013ー現地調査に基づく提言【最終版】【資料集】」の刊行 Publishment of "ProSAVANA Civil Society Report 2013 - Findings and Recommendations" by Japanese Civil Society
日本の大規模援助事業「日本・ブラジル・モザンビーク三角協力によるアフリカ熱帯サバンナ農業開発プログラム(プロサバンナ)」に関する、資料および現地調査に基づく、初めての包括的な報告書。
01 Mar 2014UNAC
ナンプーラ宣言 UNAC(全国農民連合)2014年度年次総会
モザンビーク全国農民連合(UNAC)は、25年以上にもわたり、モザンビークの農民男女の社会的、経済的、文化的諸権利と食料主権を守るために闘ってきたモザンビークの小農運動であり、10万を超えるメンバーを代表する。
17 Jan 2014ADECRU
In Japanese: Position of ADECRU on the visit of Prime Minister of Japan in Mozambique
日本首相のモザンビーク訪問に対するADECRUのポジションペーパー: ADECRUは、ProSavana並びにニュー・アライアンスの実施を、以下の理由から批判し、拒否する。
The Declaration of the Global Convergence of Land and Water Struggles launched in Dakar at the African Social Forum in October 2014 and reworked in Tunis at the World Social Forum in March 2015 is open for signature and engagement.


Who's involved?


Languages



Archives